Recent Posts by 松浦健一

高性能な住宅が完成しました

エアコン1台で、室内の温度差がなく、内装材をFFC加工済のおいしい空気の吸える住宅が完成しました。 住宅の性能を担保するのに私たちは、車に燃費の表示があるように住宅にも快適に過ごせる住宅性能数値を大切に家づくりを行っております。 Q値:断熱性能を表す数値 1.88 この数字は、東北エリア(青森など)の基準をクリアする性能です C値:家の隙間を表す数値 0.35 この数字は、家全体の隙間を集めても7センチ×7センチの隙間に満たないことを意味します。なぜ、隙間にこだわるのか?それは、家の隙間を極力小さくすることで、計画的に室内の空気を入れ替える計画換気が、設計通りに行えるからです。 ※一般の住宅は、家の隙間にあまりこだわらないため、換気システムは、建築基準法で義務付けされているため、装備されてはいるが、実際、室内の空気は、入れ替わる部分とそうでない部分が出るのが現状です。 また、一生のうちで室内の空気を体内に取り入れる量は約70%以上です。室内の空気環境にも十分配慮した家づくりが必要だとおもい、しっかりそのあたりも配慮した家づくりをしております。FFC加工処理することで、新築特有の臭いなど感じません。 [supsystic-gallery id=2 position=center]...
Read more

構造見学会のご案内

久しぶりの投稿になります。 ゼロエネルギー住宅も大工さんの造作工事が日々進んでおります。 完成現場の見学会やオープンハウスなど出来上がりの現場を内覧会として開催している会社は多数あると思います。当社では、完成してしまうと見ることのできない部分をこれから住まいをお考えの皆様にぜひ見ていただきたいと思います。「住宅の性能は、構造にあり!」「構造を制する者は、快適性を制す!(笑)」大げさのようですが、住宅の性能を向上させることは、リフォームでは、なかなか難しいのです。 6月11日(日)より毎週日曜日に構造内覧会(ただし、事前完全予約制で)を開催いたします。(※6/25は、別イベントのため閉館)7月16日(日)まで毎週開催予定! ①室内の温度差のない暮らしをしてみたい ②耐震性に興味ある方 ③シックハウスなど住環境に関して興味ある方 ④免疫住宅に関して興味ある方 ⑤ZEHなど補助金含めたゼロエネな暮らしに興味ある方 みて・きいて・触れてみて損はありません。限られたスタッフで運営しておりますので、のちのしつこい営業などありませんので、興味もたれて、当社の家づくりに共感できる方とじっくりお付き合いしながら家づくり楽しんでますので、ご安心ください。 場所:福岡市西区泉2-1-1 問合せ:当方ホームページより問合せ もしくは092-806-3697(代表の松浦まで) [caption id="attachment_875" align="alignnone" width="300"] Exif_JPEG_PICTURE[/caption] [caption id="attachment_876" align="alignnone" width="300"] Exif_JPEG_PICTURE[/caption]...
Read more

図・現・暮 一致

今日は、図・現・暮 一致についてお話ししたいと思います。 そもそも図・現・暮とは、なんなでしょう。 図・・・図面 現・・・現場 暮・・・暮らし という意味です。住まいを計画し、図面化する。そして、現場で工事する。そして、お引渡しし、お客様の暮らしがそこにある。それが、一致する。 当たり前のことじゃないの?と思われますよね。 図面化した住宅の性能などの面が現場で適切に施工されてなかったり、図面で「これだけの断熱性能を有する家ですよ」と説明を受けたにも関わらず、暮らしてみると、冬場寒かったり・・・図面と暮らしが一致していないことがあったりします(他社さんでお建てになった方から、というような話をたくさん聞きます) 図面というのは、あくまで、机の上での理論上の性能なんですね。その理論上の性能の建物を現場でその性能が発揮できるように施工する。もちろん、間取りや仕上げは、当然、図面通りできるはずです。一番、施工ムラが出やすいのは、断熱材なんです。 当社は硬質ウレタンパネル(LIXIL製)を採用しています。この断熱材は、パネル状になっていて、現場でははめ込むだけ。施工ムラのでないといってよい材料です。 一番、採用の多いグラスウールは、例えば、厚さ20cm入れれば、計算上は、私どもの採用している断熱材より高断熱になると思います。がしかし、これが、単に壁に詰め込めばよいというものでは、ないのです。非常に神経を使って施工しないと、断熱性能が発揮できません。むしろ、壁の中で結露してカビ発生の原因や壁内の腐食、アレルギー等の原因にもなりかねないのです。図面上では、高性能でも暮らしと一致しない矛盾がでるのです。 現場でのウレタンの吹付も同じです。吹き付け方など施工によって性能のムラが出ます。 図面と現場と暮らしが一致する、そんなことを十分に考え、時代の流れや国の方向性など学びながらお客様に快適な住まいを今後も提案してまいります。...
Read more

Recent Comments by 松浦健一

No comments by 松浦健一 yet.