パッシブについて考える(2)

パッシブについて考える(2)

前回、パッシブは、自然エネルギーを活用すると書きました。また、自然エネルギーとは、主に「太陽」と「風」それらの活用は「光」「熱」「涼感」を活用しようということでした。では、住宅の計画にどのように活用できるのか少しお話ししてまいりたいと思います。

「風」(涼感)・・・風は、建築する場所・地域によって風向きが違います。また、夏・冬・日中・夜間によっても違うんですよね。そのような情報は気象庁にデータとしてあります。卓越風(たくえつふう)と言います。たとえば、風向きを考え、夏場の夜(猛烈に暑い日は除く)に風向きを考え、風を家の中に取り入れることで、エアコンを使用せずに済む日もあるかもしれません。

また、風を取り入れやすい窓にする。例えば、引違サッシではなく、縦滑り窓といって、外に開くようなタイプだと一度窓ガラスに風があたり室内に風を取り込めるようなサッシを採用することも風を利用する一つです。

しかし、風は気まぐれです。また、建築地のまわりの建物の状況でもデータどおりとはいかない面もあります。「確率的には・・・こちらが有利だ」というくらいで検討していくことが大切かもしれません。

少し長くなったので、「太陽」については、次回、語ります。

Comments are closed.